腋臭の程度は個人差があるため、その強さによって対応を変える必要があるという話 > 腋臭のクリームは多くの成分が含まれているので、アレ

腋臭の程度は個人差があるため、その強さによって対応を変える必要があるという話

腋臭のクリームは多くの成分が含まれているので、アレ

腋臭のクリームは多くの成分が含まれているので、アレルギーがあるなら添加物の有無を確認しましょう。

「無添加」という文字が販売ページにきちんと記載されているかどうか、きちんと見ておくべきでしょう。

商品によっては販売前に、モニターに対してパッチテストを実施し、アレルギー体質の人でも大丈夫なことを確認しています。

不安症な人は、自分がワキガだったらイヤだなと思っているかもしれません。

自分で臭いを感じる時があっても、「わきが」というのはかなり程度の強いものなので、そうではない人の方が多いです。

わきがでなくても汗をかくことでニオイは発生しますから、ニオイのない人はいないです。

心配しすぎの人は自己臭症と診断されることもありますので、医師ならきちんと臭いの程度を客観的に診断してくれますので、受診してみましょう。

脇汗は、エクリン腺とアポクリン腺という名前の2つの箇所から出ています。

腋臭はこれらの汗腺のうち、アポクリン腺から出る汗のみが原因になります。

エクリン腺から出る汗はサラサラした良い汗で、臭いはありません。

この汗は、岩盤浴で出てくる汗と同じ性質のものです。

腋臭の臭い対策としてクリームやデオドラント剤を買う時、容器まで考慮していますか。

腋臭がそれなりの場合、出勤前・通学前に1度クリームを使ったくらいでは、夜をむかえる前に、十分な結果が得られなくなることがあります。

効果を感じなくなったら再度、クリームを塗り直すこともあるでしょうが、バッグから取り出す時、それがわきがのクリームだとバレたら大変ですよね。

だから容器のデザインも気を付けた方がいいですよ。

自分自身でわきがかどうかを判断するセルフチェック、やったことがありますか?自分で判断し、ワキガでないと思っていても、勘違いということがあります。

そのため、シャツなどに黄色いシミがついていないかどうか、耳垢が乾燥していない、両親や兄弟姉妹にもワキガ臭が強い人がいるか、だいたいこれらを見ておけば、ある程度判断できます。

わきがの対策としてクリームを使うなら、「無香料」のものを選ぶことが大事です。

わきがのニオイをごまかそうと思って香水を使えば何とかなると思っても、香水そのものの香りがワキガのニオイと合わさって、もっと強い臭いになってしまう可能性があります。

その視点から、クリームに香りが入っていないものがいいですね。

ワキガ臭の対処法として、単純ですが、出てきた汗をちゃんと拭き取ることも1つの方法です。

臭いの発生する原因は、アポクリン腺から出る汗に含まれる物質(皮脂やタンパク質など)が、皮膚にいる常在菌などによって分解されることが原因なので、汗をこまめに拭き取ることで、臭いを抑えることにつながることは理解できると思います。

わきがに悩んでクリームを使おうと思うなら、「殺菌力」をチェックしましょう。

汗腺であるアポクリン腺から出る皮脂やタンパク質を分解していると言われる、皮膚表面の常在菌を殺菌する効果のある成分です。

タンパク質、皮脂を分解する菌がいなくなれば、悩みの原因となる臭いも消えてしまう可能性があることは容易に理解できるのではないでしょうか。
Copyright (c) 2014 腋臭の程度は個人差があるため、その強さによって対応を変える必要があるという話 All rights reserved.
▲ページの先頭へ